奥深いハワイアンジュエリーの世界!ハワイアンジュエリーの関連情報をご紹介します!

当サイトでは、ハワイアンジュエリーの関連情報をご紹介しています。
奥深いハワイ伝統のジュエリーの世界を知りたい場合にはお勧めです。
ジュエリーの愛着が増す刻印についても解説していますので、これから購入を検討しているときには参考になるかも知れません。
せっかくなら刻印を入れて自分らしいアイテムにすると良いでしょう。
それから、ハワイ伝統のジュエリーによく使われているモチーフの種類も説明していますのでジュエリー選びに役立つはずです。

奥深いハワイアンジュエリーの世界!ハワイアンジュエリーの関連情報をご紹介します!

指輪やバングルなどの、ハワイアンジュエリーを購入したいと考えている人もいるのではないでしょうか。
ハワイにおける先祖伝来の宝飾品であったハワイアンジュエリーは、思いを込めたデザインになっているものが少なくありません。
モチーフにはハワイならではの模様が取り入れられていて、溝が作り出す美しい陰影が魅力です。
ジュエリー選びをするときには、関連する情報を押さえておくと納得のアイテムを購入することができるでしょう。

ハワイアンジュエリーの定番モチーフ「プルメリア」

ハワイの伝統的なジュエリーであるハワイアンジュエリーを選ぶときには、ハワイらしいモチーフのものを選びたいと考えている人は多いのではないでしょうか。
そのような場合には定番の1つである「プルメリア」を選ぶのも良いかも知れません。
キョウチクトウ科の落葉樹で、ハワイではよく見られる植物です。
この花は現地では神が宿るともされていて、レイに使われることも少なくありません。
心を込めた柄を刻んだ装飾がされるハワイアンジュエリーでも人気の図柄となっています。
女性の魅力を引き出すといわれていて、幸せを願ってプルメリアが彫られたハワイアンジュエリーを贈ることもあります。
近年は定番以外のモチーフを彫ったジュエリーも増えていますが、昔からこの花の模様は定番でした。
ハワイアンジュエリーに小さな5弁の花が飾られているデザインは、可憐な印象であったり華やかさがあったりもします。
女性へのプレゼントにするのにもおすすめです。

ハワイアンジュエリーの手彫りと機械彫りの違い

ハワイアンジュエリーは細かい彫刻が特徴ですが、これには手彫りと機械彫りがあります。
手彫りについては、文字通り職人が彫刻刀やヤスリを使って手で彫刻を施していく方法で、予め用意されたデザイン画などを参考にすべて手作業で仕上げる方法です。
一方の機械彫りにはいくつかの手法がありますが、その中でも近年増えてきているのがレーザー彫刻です。
この方法はデザインをデータ化し、これをレーザー彫刻機で自動的に彫り出します。
レーザー彫刻機の特徴はかなり細かい装飾が出来ることです。
また、細いリングでもかなり正確に彫刻が出来るので複雑なモチーフにしたい時などに役立ちます。
職人が手作業で仕上げた場合の特徴は柔らかい風合いになることです。
また、表面に細かい凹凸が生まれるため光の反射も柔らかくなるという特徴があります。
一方の機械彫りの場合は直線的なラインを出すのが得意なので、精密なモチーフや文字を正確に入れたい時などに役立ちます。
また、表面がなめらかになるので手作業に比べると光の反射の強いジュエリーを好む方におすすめです。
ハワイアンジュエリーといえば職人が手作業で作るのが本物というイメージを持つ人も多いと思いますが、それぞれにメリットがあるのでデザインに合わせて選ぶと良いでしょう。

ハワイアンジュエリーに多い「マイレ」のモチーフ

ハワイアンジュエリーを眺めていると、葉っぱのような連続した柄の指輪やブレスレットなどが目に付いた経験がある人は多いのではないでしょうか。
いくつもの植物の葉が、同じ方向に連続して並んでいるようなマイレ柄はハワイアンジュエリーに多くあります。
この植物はつる性の低木で様々なところに生育していますが、近年では絶滅が危惧されてもいます。
ハワイでは人と神を結ぶ象徴であり、大地の神が宿るともされていました。
重要な儀式で使用するレイを作る時には、葉を素材として使われることが多いです。
新郎新婦の結びつきを表すため、結婚式のレイもこの植物の葉を使って作られます。
マイレはハワイアンジュエリーとしての定番のモチーフの1つです。
バングルや指輪などにはこの柄が刻まれたものが多くあります。
家族や恋人、友人などの大切な人へ贈るハワイアンジュエリーに選ばれることの多いモチーフです。
模様選びに迷ったときにはこれを選ぶのも良いかも知れません。

ハワイアンジュエリーのバングルの重ねづけのコツ

ハワイアンジュエリーのバングルを、どのように重ねづけしたら良いか迷っている人もいるのではないでしょうか。
ブレスレットは、様々な種類があるハワイアンジュエリーの中でも人気の高いアイテムです。
ハワイを思わせる模様が彫刻されているほか、文字も刻印しているものが多くあります。
単体で着けることもありますが、何本も一緒に着けることも少なくありません。
ハワイアンジュエリーのバングルにはアルファベットのCの形をしたものや、隙間のない環の形になっているものなどがあります。
2本以上を重ねづけするときには、ブランドが同じものを選んだりカラーを同系色にしたりすると統一感があります。
もし太さが異なる2本以上のものを一緒に着けたり、素材が違ったものをコーディネートするならば、服装をシンプルにするとおしゃれに見せることができるでしょう。
またチェーンが付いているものとそうでないものを組み合わせたり、腕時計と一緒に付けるのもおすすめです。